まぶたの痙攣

注:まぶた・眼球の痙攣はいずれも深刻な神経性の病状の前触れである可能性があります。何か他の健康面での問題、あるいは神経性の病気の可能性があればすぐに病院に行ってください。大抵の場合、眼球の痙攣というのはさほど深刻ではなく、無害です。

まぶたの痙攣
左にあるこの画像はこのサイトで主に紹介されているまぶたの痙攣を示しているものです。
眼球の痙攣


ソース:Student BSMU.
左にある画像はこのサイトで新しくカバーされた眼球の痙攣を示しているものです。眼球痙攣のページにもぜひ目を通してみてください。


目の痙攣(眼瞼ミオキミア)とは、無害ではあるけれど、まぶたの筋肉がぴくぴくと動くことをさします。目が痙攣する原因をつきとめるのに苦労している人たちの手助けをするべく、このサイトは作られています。今このサイトをごらんになっている人たちはおそらくなぜ自分の目がこうも痙攣してしまっているのか?どうすればいいのか?と悩んでいることでしょう。このサイトは個人個人の立場・状況ににあわせた別々の治療法を紹介いたします。まず一番初めにこの目の痙攣というのは病気ではなく、とある別の病気の前触れなどである可能性が高いということをご理解ください。


腹痛と同じように痙攣を起こす原因は様々です。まずは原因をつきとめ、それからそれにあった治療を探すことが大事です。このサイトの「原因」ページに行けば一番のリスク要因をつきとめたり、あるいはクイズに答えて原因を追究するということも出来ます。ひとまず原因と思われるものがわかれば、治療の段階に進むことが可能となります。

目の痙攣と思われる大まかな原因リスト:

似たような症状のもので眼瞼痙攣(制御できない高速のまばたき) と片側顔面痙攣(顔の片側に出る制御できない痙攣)があり、これらは同じ筋肉の異常からくるものですがこれらのほうがより深刻であり、多数の神経がからんでいます。 もしこのような症状を経験しているのであれば悪化する前にすぐに病院にいってください。眼瞼形成術や筋肉の痙攣をとめるボトックス注射などいくつかの治療法があります。

よくあるケースが、目の痙攣が起こり始めはしたものの、いつの間にか特に何かをするわけでもなく自然に痙攣が止まったというものです。こういった場合にはストレスや睡眠不足などの一時的な健康のアンバランスさが原因です。人によってはもっと深刻な症状に陥る場合もあります。このサイトはそういった人たちのために作られたものです。なぜなら私自身、同じ経験を過去にしたからです。私はこのサイトで紹介されている手順をふみ、目の痙攣をなおすことができました。リスク要因をつきとめ、それらをどのように治療するかを探し、そこから行動に出る、これが大事なのです。もしうまくいけば自分のふんだ手順があっていたということがわかりますし、仮に将来また似たような症状に悩まされることもなくなるでしょう。逆にうまくいかなかった場合は一からやり直し、ピンポイントで原因をつきとめることに再トライすればいいのです。

重要なのはよく広告などで宣伝されている「目の痙攣をなおす魔法の治療」などというものは正直存在しないという事実を知っておくことです。中にはさも知った風に言葉をならべながらありがちな錠剤などで全て治療しようとする人もいますがそれは信用はできません。目の痙攣を間違いなくなくす方法は原因をしっかり突き止めることから始まるのですから。 場合によっては目の痙攣というのは深刻な神経性の症状の前触れだということもあります。何らかの健康面での問題があるのならすぐに病院にいってください。こういったケースは比較的稀ではありますが念のために病院に顔を出して損はありません。 目の痙攣が起きているのか右か左かで何かの違いがあるということは特にありません。このサイトが皆さんの目の痙攣をとめるのに役立つことを祈ります。どうかお大事になさってください。